top of page
面会
ライフコーチング

Aroma Counseling

アロマカウンセリング

バスオイル20㎖をお持ち帰りいただきます。

お時間は、90分程度です。

01

まずはあなたのお話をお伺いします。

ご家族のことやお仕事のこと。

ご自身のペースで話したいことをゆっくりとお話しください。

02

03

トリートメント時の香りの選び方は「整える」ことが目的なのに対して、こちらでは香りを確認しながら、好きのどうして。嫌いのどうしてを広げていきます。

どういうイメージや印象、どんな感情が沸き起こるあるから好きなのか、嫌いなのか。

気持ちがパッと明るくなるからなのか、重たい感じがするから苦手に感じるのか。香りのイメージを言語化して可視化して、好きの何故、苦手の何故から広げていきます。

香りのイメージを紡ぐ時間。

好きな香りや、嫌いな香り。

どうしてを少し、広げてみる。

香りのイメージを言葉に変換する時間。

​ブレンドしてバスオイルをつくっていきましょう。

ご相談ください。

スタジオは人の出入りがあります。気になる方や直接お会いするまで意識が上がってきていない場合などは、電話やメールなどでもお受けいたします。

また、最寄りのカフェやご自宅でもお受けいたしますので、ご相談ください。臨機応変に対応させていただきます。

​バスオイル作り

目安として60分程度お話をお伺いしたあとは、バスオイル作りを行います。トリートメント時にプレゼントでお渡ししているバスソルトとは違い、こちらでは正統派の沐浴の作り方をします。

お湯と精油は混ざりません。

精油を原液でお湯に入れると精油がそのまま水面に浮き、皮膚や粘膜に直接触れてしまいます。そのために乳化、分散させる基材が必要になります。

 

ケンソーの乳化剤バスオイルを使用し、精油をブレンドしていただきます。ご自宅で​2週間程度を目安に使い切ってください。

私たちの仕事。

私たちは、誰もが心の奥に、傷つきと回復力、弱さと強さ、依存と独立、喜びと悲しみなどの対立したものを隠し持っています。それが複雑に絡み合っています。私たちはとても移ろいやすい存在ですし、常に未熟な部分があり、心のどこかに傷付きを抱えています。

私たちの仕事は、ご自身が発展的な人生の過程を歩んでいけるようにお手伝いすることが仕事です。

心の声を言葉に変換して、話をしにお越しください。​自分の心を鈍感にすることで何とか生きて行けているときもありますが、これぐらい大丈夫と心に蓋をし過ぎるより、無理をしすぎないで、あなたの人生を紡いでください。

では、どの精油を使いましょうか。

バスオイルにどの精油を入れますか?

その日の最後の見立てを一緒に考えてみましょう。

現在予約は受け付けておりません。

Email

Connect

  • Line
  • Instagram

オンライン予約ページへ

bottom of page